SSブログ

「3Dプリンターが1万9800円の低価格になったワケとは!」 [マジ]

 去年12月になんと1万9800円(税抜き)
の低価格で個人向けに3Dプリンターが
発売された!
 これまで個人向けに発売されていた
3Dプリンターは安くても10万円以上が
当たり前の世界であった!
 なぜこんなにも低価格な3Dプリンター
が販売できるワケとは!そのカラクリとは!




スポンサードリンク






 ◎「3Dプリンターの低価格化で身近に!」

 12月に1万9800円・税抜きの低価格の
3Dプリンターを発売したのは、台湾系
3DプリンターメーカーのXYZプリンティング
ジャパンである!

 この3Dプリンター「ダ・ヴィンチNano」
は、低価格1万9800円で販売され、しかも
コンパクトで使いやすいのが大きなウリでも
あるようだ

 販売するやいなや一般の人や学校関連
からの注文が殺到して、当初の販売予定数を
約10日で超えてしまいすでに完売してしまった
ようである!


 ◎「なぜ低価格で3Dプリンターの販売が!」

 実は3Dプリンターの特許が切れたことを
きっかけにオープンソースとなり開発キット
が世の中に公開されたようだ

 一般向けの3Dプリンターのほとんどは、
FDM(熱溶解積層法)と呼ばれる、材料を
熱で溶かしながら下に押し出して積み重ねて
造形する印刷方式を採用している

 FDMの特許は、米・ストラタシス社が
保持していたが、2009年に特許が切れた
ことで開発費が下がり、安い3Dプリンター
を販売することが可能になったそうだ!


 ◎「一家に一台3Dプリンターの時代へ」

 近い将来には一般家庭でも当たり前の
ように3Dプリンターがある時代になって
いるだろう

 さらにハイスペックな3Dプリンターも
登場して、新しいビジネスモデルも誕生する
かもしれない!




 
スポンサードリンク




スポンサードリンク・R
 


 
タグ:特許
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。