SSブログ

「ハウス食品がスパイスブームに乗って初スパイス専門店をオープン!」 [食]

 ここ最近、スパイスを使う人が増えて
おり、街なかでもスパイスの文字を
よく目にするにようになってきた!
 スパイスを取り扱っているハウス
食品が、スパイスブームに乗って
初のスパイス専門店を大阪・大丸・
心斎橋店にオープンしたそうだ!
 これだけ盛り上がっているスパイス
ブームのカラクリとは!




スポンサードリンク


 




 ◎「国内スパイス市場規模が急増中!」

 現在、スパイスブームが到来しており
国内のスパイス市場規模は、ここ数年
ずっと500億円超えが続いているほど
スパイスに注目が集まっているようだ

 キッカケにはスパイスカレーがブーム
なったり、花椒(ホワジャオ)料理を
食べる人のこと麻活(マー活)と呼ばれたり、
さらにスーパーでも色とりどりのスパイスが
を取り扱うようになってきた!


 ◎「あのハウス食品がスパイス専門店を!」

 そんな中で、年中スパイスを取り
扱っていうあのハウス食品が、大阪
・大丸心斎橋店で初めてスパイス専門店
「ハウス・クワエルスパイス」を
今年の9月にオープンした

 ここの看板メニューは「オリジナル
ビーフカレー」・980円税込である

 さらにスパイス専門店ならではの
楽しみ方があり、3種類のミルに
ミックススパイスで味の変化を楽しむ
ことがきでるそうだ

--------------------------------
・「爽快な香り」
_グルーンペッパー、カルダモン、ローズマリー、
 クミン、コリアンダー、粗挽き唐辛子など

・「甘みとコクの余韻」
_クローブ、シナモン、マスタードシード、
 フライドオニオン、アーモンドなど

・「クセになる辛さ」
_ブラックペッパー、ホワイトペッパー、
 カイエンペッパー、粗挽き唐辛子、
 ジンジャなど
--------------------------------
 「あと乗せ!」自分好みのカレー
味にできるようだ!


 ◎「なぜハウス食品がスパイス専門店を!」

 最近では、スパイスカレーや麻辣ブーム
などでスパイスの需要が非常に増えている

 しかし、まだまだ家庭ではスパイスは
ハードルが高いイメージがあり、それを
なんとか馴染みある料理でハードルを
下げることが狙いであるそうだ!


 ◎「日本のスパイスブームの今後とは!」

 日本人はもともと海外から入ってきた
カレーやラーメンなどををうまく取り入れる
ことがうまかった

 一般的に日本人はスパイスには馴染みが
ないと思われてきたが、これを調味料感覚
で使うとうまくいくのではないか

 日本では、だしやケチャップやマヨネーズ
やソースやポン酢など様々な調味料を使って
料理をしているからである

 スパイスもどんどんと馴れればいろんな
形で日本のオリジナルな日本食として
新たにリボーンするかもしれない!




 
スポンサードリンク






タグ:スパイス
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。