So-net無料ブログ作成

「4自治体が集めた寄付額1100億円以上が新たな争奪戦に!」 [ホント?]

 6月1日からふるさと納税の
新制度がスタートする!
 除外された4自治体の2018年度
の寄付額の総額が1100億円以上を
超えているそうだ!
 この浮いた1100億円を巡り、
新たなふるさと納税の争奪戦が
勃発するようだ!
 今度はどの自治体がどんな
方法で浮いたこの1100億円を
手繰り寄せるのだろうか!




スポンサードリンク


 



 ◎「ふるさと納税の新制度がスタート!」

 2008年にスタートしたふるさと納税
であるが、行き過ぎた返礼品競争を
抑えようと6月1日から新たなルールで
新制度がスタートした

・「寄付額の3割以下にする!」
・「返礼品とは地場産品のみ!」

 などなど行き過ぎた返礼品競争
に一旦終止符を打ったようだ

 行き過ぎた返礼品で4つの市と町
の自治体が、今回除外されたようで
あるが、2018年度の寄付額とは!

--------------------------
・「泉佐野市(大阪)」_497億円
・「小山町(静岡)」__250億円
・「高野町(和歌山)」_196億円
・「みやき町(佐賀)」 _168億円
--------------------------
 4自治体合わせると1100億円超え
えているそうだ

 各自治体は、この行き場のなくなった
1100億円以上の寄付金を狙って
新たな動きをスタートさせている!


 ◎「1100億円分の争奪戦が注目!」

 ふるさと納税の返礼品サイトを
運営する担当者によると、除外された
4つの自治体が集めた寄付額1100億円
超えの奪い合いが新たな争奪戦が
始まり虎視眈々と狙っているようで
ある
 
 やはり、地場産品がない自治体は
少し不利な状況になる可能性も
あるかもしれない

 また、モノの返礼品に加えて最近
では、新たな返礼品がブームとなり
そうな気配があるそうだ!


 ◎「モノの返礼品からコトの返礼品へ!」

 今までは、モノの返礼品での
熾烈な争いがあり、除外される
自治体がでるようになってしまった

 最近では、地場産品でのモノ返礼品
の他に実際に現地い来てもらって
体験してもらうコトの返礼品が増えて
きているそうだ

--------------------------
*「未公開のダム探検!」
 _大阪・河内長野市_寄付額1万円
 _一般では入れない未公開のレアな
  ダム探検ツアー!

*「清水寺夜間特別拝観!」
 _京都_寄付額1万円
 _通常は昼間の拝観しかできないが
  特別に夜間の拝観ができる!
  3月・桜と11月・紅葉の時期に
  できる!

*「ロケット工場見学!」
 _北海道・大樹町_寄付額10万円
 _先日ホリエモンロケットの打ち上げ
   に成功した、あの開発拠点に
   見学ができる!
--------------------------

 こうした体験型の返礼品は、
自治体にしてみれば、返礼品を
わざわざ購入する必要もなくて
すむし、さららに来てもらって
地元でお金を落としてもらえる
メリットもある

 今後はモノの返礼品からコトの
返礼品へと新展開されていくのでは
ないだろうか!




スポンサードリンク




 


タグ:返礼品
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:特典・懸賞

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。