SSブログ

「救世主!農業ロボティクスで農業が変わり世界を牽引!」 [食]

 今の日本の農業で直面している高齢化
問題がある!
 これが農業ロボティクスで農業全体が
変わる救世主となるかもしれない!
 そして日本の農業が世界を牽引する日
もやってくるだろう!
 そんな農業ロボティクスとは!その
カラクリとは!



スポンサードリンク







 ◎「農業を可視化するシステムとは!」

 世界を変えるかもしれない農業の切り札
とされているのが農業ロボティクスである

 農業ロボティクスは北海道大学で開発され
協調型ロボットやドローンなどを使って、
農業とロボットをコラボすした世界初の
農業を「見える化」するシステムである

「見える化」する際に、ドローンなどを
使い農作物の生育状況を調査したり、
高性能なGPSを搭載した無人トラクター
がタブレットのスタートボタンを押す
だけで無人のまま畑に出かけて作業が
終われば自分で勝手に帰ってくると
いう新たな技術も誕生したようだ!

 ちなみ畑を耕す運転精度はわずか
5cmしかないようである!


 ◎「国では3年後実用化を見込んでいる!」

 無人のロボットトラクターについては内閣府の
研究開発プロジェクトが3年後を目処に実用化を
見込んでいるそうである

 現在4台での無人トラクターが協調して畑を
耕すのは、世界初で4台での同時というのは
類を見ないそうだ

 仕組みはGPS+地上局からの位置補正情報を
受診して無人でありながらトラクター自身が
仲間同士の位置を確認して、一定の車間距離
や速度を保ちながら作業を行っている


 ◎「無人トラクターの応用技術として!」

 この技術を応用すると作物が生育中でも
畑の除草を行うことも可能らしい

 高度な位置の制御技術があれば、作物を
傷つけずことなく除草することが難なく
できるようになる

 
 ◎「遠隔操作で農業が監視できる!」

 さらに進化するとよる寝る前にスタート
ボタンを押して、無人ロボットトラクターが
畑に行き、全ての作業が終わって、朝になると
農作物が完了している状態なるといった
ことも遠隔操作で農作業を監視するという
形で使うことができるようになる!

 将来的にはロボット農機として熟練農家
の代わりにやってくれる日も近いのではないか!

 今まで人が培ってきた「経験」や「勘」
や「知識」などをすべて農業ロボティクス
にしていくことで現在の農業の高齢化問題
の解決策となっていくのではないだろうか!




スポンサードリンク




スポンサードリンク・R
 


 

 
 

タグ:世界初
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。