SSブログ

「日本製のSUWADAのニッパー型爪切りが海外でバカ売れ!」 [ニッチ]

 現在、海外で日本製のSUWADAのニッパー型
高級爪切りがバカ売れしているようだ!
 爪切りといえば日本ではオーソドックスなデコ式
があるが、海外では爪切りがといえばニッパー型を
使用しているらしい
 ネイルサロンなどではお馴染みらしいが、一般の
家庭ではニッパー型はあまり使わないだろう!
 なぜ日本製のニッパー型爪切りが人気があるのか
深掘りしていみると意外なカラクリが見えてくる
ようだ!



スポンサードリンク


 





 ◎「世界が驚愕する匠の爪切りとは!」

 日本製の爪切りが高いモノだと1つ6万円も
するものもザラにあるらしい

 最近では世界が驚く日本の匠が作り出す
爪切りが注目を浴びている

 新潟・三条市にあるSUWADA・諏訪田製作所
という高級爪切りを製造・販売している会社
で、国内のみならず世界からも熱い視線を
集めているようだ

 元英国首相・キャメロン首相もここSUWADA製
の爪切りを使用しているらしい

 ドイツ・ヨーロッパの見本市では多くの来場者
をSUWADA製の爪切りに魅了されている

 ちなみ年間売上高が約5億9000万円のうち2割が
海外でのセールスがあるようだ


 ◎「SUWADA本社はまるで美術館のようだ!」

 新潟・三条市にあるSUWADA本社は、一見すると
美術館のようなたたずまいである

 本社兼工場は、現在一般公開されており、すべて
作業工程が見られるようにガラス張りになっており
匠のワザを観てもらったりしている

 SUWADA製の爪切りはすべてハンドメイドで製造
されいる

 ここでは、ニッパー型に爪切りを主に製造している


 ◎「匠の合刃作業が切れ味を左右する!」

 なんといっても切れ味を左右するのは合刃という
工程が一番の重要な要であるそうだ

 ここまで仕上がってくる工程も素晴らしが、
しかし、最終工程のこの作業なくして世界が絶賛
する切れ味のある爪切りは完成しない

 合刃とは、刃先に出来たすき間を寸分狂いなく
ピッタリに噛み合わせる工程である

 刃先は千差万別であるのですべて同じものが
ないので、匠ぐらいの熟練職人ならないとなせる
ことが不可能である


 ◎「マスターピース・コレクションで世界展開!」

 今あるSUWADA製のニッパー型爪切りもたいへん
好評であるが、さらに5月以降に新展開として
「マスターピース・コレクション」という柄の部分
を大理石柄などさまさまなデザインから選べる
ことができるようにして、ファション性も追求して
いくようだ

 伝統のワザで新たなる可能性を模索しながら
他では絶対にマネできないモノづくりはオンリーワン
の世界観があるのではないか

 そして、さらなる進化を遂げてSUWADA製の爪切り
が世界を席巻する日も近い将来あるのではないだろうか!




スポンサードリンク




スポンサードリンク・R
 










タグ:made in japan
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました