SSブログ

「家族同様のペットの最期をしっかりと考えたい終活事情!」 [ホント?]

 一般的に犬や猫のペットの寿命は、約15~16歳ぐらいで
人間なら76歳ぐらいになるそうだ!
 そんな家族同様のペットの最期のお別れを今のうちから
しっかりと考えたいもので最新のペット終活事情とは…!
 人間のお葬式に比べたら遥かに安いけれども一体
どのくらいかかのるか!


スポンサードリンク




 ◎「ペットのお葬式の流れとは?」

 ★「最近のペットのお葬式の流れは!」
------------------------------------
・「読経」→「火葬」→「収骨」

・「費用」_1万~4万円前後
・「オプション」_初七日などの法要_5000円~
・「戒名」_1万5000千円

・大きさによっても火葬代の値段が違う!


 ◎「自治体にお願いした場合は!」

 ちなみに自治体にペットの葬儀を頼んだ場合には
大阪市の場合は、市がペットを引取り、それを動物園
で火葬する
 個々でなくある程度数が揃ってから火葬をする
ようである

 この時は、骨は拾えないことになっている、さらに
大きさが5kg未満なら1700円になり、それよりも大きく
なればプラスアルファされる

 大きな自治体はペットの火葬を行っているが、小さな
自治体ではまだ行われていないようだ


 ◎「ペットの葬儀関連が年々増加している!」

 2006年は6000社だった業者が2015年には2倍の1200社
にも増加している

 あらにペットのお墓などの葬儀関連の業者も増えてきて
いるようだ
 
 自宅の庭などに骨壷と埋葬できるお墓一基で4万3000円
ほどするらしい

 またいつまでも一緒にいたい人には、お骨をペンダント
にしたり、ブレスレットにしたりもできるようだ

 人間の方が確実に長生きをするので、先に逝ってしまう
ペットのことを思うと今のうちから終活をしておくべき
ではないだろうか


ポンサードリンク




スポンサードリンク・R
 

 
 

タグ:ペットロス
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました