SSブログ

「海洋深層水であたらない牡蠣が主流なる!」 [ホント?]

 これからグッと寒くなり牡蠣鍋なんかが美味しく
なる季節がやってくる!もちろん生牡蠣を食べる
のが一番美味しく味わえる食べ方であろう!
 しかし、生を食べてあたったらという不安が頭を
よぎってしまうが、最近では、海洋深層水と使って
あたらない牡蠣が流通しているようである!


スポンサードリンク




 富山県・入善町で世界初の牡蠣の浄化システムを
開発した(株)日本かきセンターという会社がある
そうだ

 牡蠣を二日間海洋深層水で浄化することで、栄養化が
アップしたり、さらにあたりにくい牡蠣になるということだ
 海洋深層水は海底300mの深さから組み上げられた海水
なので人体の害になる細菌やウイルスがほとんどいない
ようだ、さらに温度が一定で栄養が豊富なので海洋深層水
で浄化することで一石二鳥の効果があるようだ

 また、沖縄・久米島で取れる海洋深層水をつかって、
完全陸上養殖という形にチャレンジしているようで
これが、安定的なものになったら、一度も海につけない
状態なので牡蠣の体内には(海水の)菌が、入らない
ものができ、より安全な牡蠣が取れるようになる

 ちなみに海洋深層水がとれる所は、全国で16ヶ所しか
存在していないようである
 しかしがら、かなり貴重な海水をかけ流しで浄化して
いるところは、世界中どこ探しても、ここ富山県・入善町
の富山浄化センターしかないだろう


スポンサードリンク




スポンサードリンク・R


タグ:生食用
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました